ここから本文です

東京五輪会場の浜スタで4番・山本が逆転サヨナラ満塁弾!ソフト女子、米国に2勝1敗

6/25(日) 20:21配信

スポーツ報知

◆ソフトボール女子 日米対抗戦最終戦 日本5-3米国(25日、横浜スタジアム)

 最終7回二死満塁で4番・山本優(28)=ビックカメラ高崎=が逆転サヨナラ満塁弾を放ち、5―3で米国を下し、通算成績を2勝1敗と勝ち越した。2020年東京五輪会場の横浜スタジアムには、雨のなか1万609人の観客が集まった。

 4回に継投した上野由岐子(34)=ビックカメラ高崎=が適時打を許し逆転されると、6回にはソロ本塁打を被弾。突き放されたが、最後は四番が決めた。山本は「みんながつないでくれたチャンスをいかせてうれしい。3年後はここで金メダルを取れるように頑張りたい」と気を引き締めた。

 2回3安打1失点の上野は「今日はいい所がなくてあまりボールが走っていなかった。もう少し自分の中でやれたかなと。不完全燃焼」と反省。「ハマスタでいいピッチングをしたいと思った結果がこれでした。欲を出しちゃ行けないなと思った(笑い)。昨日の夜に横浜に入って、(マウンドが)人工芝だと思っていたら、まさかの土で想定外でした」と最後まで苦笑いだった。

最終更新:6/25(日) 20:21
スポーツ報知