ここから本文です

【宝塚記念】キタサンブラック、まさかの9着…凱旋門賞も断念

6/26(月) 6:05配信

スポーツ報知

◆第58回宝塚記念・G1(6月25日・芝2200メートル、阪神競馬場、稍重)

 第58回宝塚記念・G1が25日、阪神競馬場で行われ、ファン投票1位で1番人気に支持されたキタサンブラック(武豊騎乗)は馬群に沈み、まさかの9着に敗れた。レース後、歌手の北島三郎オーナー(80)は仏G1・凱旋門賞(10月1日、シャンティイ競馬場)など秋の海外遠征を見送ることを明言した。レースは、3番人気のサトノクラウンが国内G1初制覇。ミルコ・デムーロ騎手(38)=栗東・フリー=と堀宣行調教師(49)=美浦=は、ドゥラメンテで2着に敗れた昨年の雪辱を果たした。

 直線のどよめきとともに夢が消えた。直線半ばからどんどん遠くなっていくライバルたちの背中。単勝1・4倍に推されたキタサンブラックがまさかの9着に沈んだ。「走らなかったですね。正直、よく分からない。ここまで(負けたの)は初めてだから。僕自身、残念」。14着に敗れた15年日本ダービー(北村宏騎乗)以来、2度目の馬券圏外。予想もしなかった結果に武豊は肩を落とした。

 シュヴァルグラン、シャケトラを行かせて3番手を追走する普段の競馬。向こう正面で多少行きたがる面は見せたが、明確な敗因が見えない。「馬場は影響するほどじゃなかった。状態も返し馬の感じも悪くなかった。レースで不利があったわけじゃない。全部勝つっていうのは難しいですね、やっぱり」とユタカ。大阪杯、天皇賞に続く、史上初の春の古馬3冠制覇ははかなく散った。

 自信を持って送り出した清水久調教師も首をかしげるばかりだ。「予想外の馬が行ったが、何が行こうと自分の競馬をすればいいので。今まではまくるくらいの勢いだったが、テンの勢いがいつもの感じではなかった。最後は完全に止まっている。馬場なのかな。グランプリ、勝てないですね」。3期連続でのファン投票1位に応えられず、唇をかんだ。

 この結果を受け、北島三郎オーナーは登録していた凱旋門賞、愛チャンピオンS(9月9日、レパーズタウン競馬場)の断念を明言した。「これが勝負の世界。今日は運がなかった。この前(天皇賞・春)も多少走っているし、その前(大阪杯)も勝たせてもらって、馬も疲れている。『疲れている』と俺に言いたかったんじゃないかな。ずっと頑張りっぱなしで、本当に感謝してる。夏はゆっくりさせて、秋に向けて頑張りたい」と、激闘を続けてきた愛馬を思いやった。

 北島オーナーは秋の目標として天皇賞(10月29日、東京)を選択肢に挙げ、「最後、有馬記念は頑張って出したいな」と続けた。「今のところは(馬体には)問題ないです。しっかり立て直して、秋に出直したいですね」と清水久師。この一戦でG1・5勝馬の輝きが失せることはない。夏の充電を経て、強いキタサンブラックは戻ってくる。(橋本 樹理)

最終更新:6/26(月) 6:05
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ