ここから本文です

【広島】大瀬良、直球でグイグイ5連勝!

6/26(月) 7:03配信

スポーツ報知

◆広島5―0阪神(25日・マツダスタジアム)

 大瀬良がギアを上げた。4点リードも5回2死二、三塁のピンチ。上本に対して、直球を続けて4球目。アウトローへ、この日最速147キロでバットに空を切らせた。「ちょっと気持ちが入ってました」。力強いガッツポーズを繰り出した。

 7回を無失点に抑え、先発12試合で無傷5連勝とした。昨季までのセットアッパーから先発に復帰。5月から先発に回った薮田(6勝)らと昨年とは違う顔ぶれでローテを支えている。「打たれた試合でも野手の方に負けを消してもらっている」と頭をかくが、粘りの投球が勝ち運を呼び込んでいる。この日も3者凡退は1度だけ。2、3、5、7回と4度も得点圏に走者を背負ったがゼロを並べた。

 原点に戻った。もともと直球に自信を持っていた2014年新人王。今季は直球の威力を生かすため、変化球の精度を追い求めた。だが、この日はここぞの場面は直球で押した。「今日はアツ(会沢)さんとも話して、真っすぐがいいよと。ピンチで押していこうと、腕を振って投げ込みました」と自慢の球威で虎をねじ伏せた。

 14日の前回登板後からヒゲを伸ばし始めた。石原からは「絶対そるなよ」と言われていたが、試合直前に口元だけそり落とした。「ルーチンをつくるのは嫌なんですけど、いいことなので続けようかなと。ヒゲが似合う男になれるように頑張ります」。童顔をゆがませた右腕。少しだけヒゲ面が板についてきた。(角野 敬介)

最終更新:6/28(水) 13:44
スポーツ報知