ここから本文です

市村正親、刑事ドラマで県警幹部役 仲村トオルと初共演

6/25(日) 14:07配信

オリコン

 俳優の市村正親が、テレビ東京系ドラマ特別企画『堂場瞬一サスペンス「検証捜査」』(7月5日 後9:00~11:08)に出演することが発表された。「僕は刑事ドラマにあまり出演する機会がなく、この作品にも出るとは思いませんでした。警察という大きな組織の中で、良い刑事、悪い刑事、いろんな人間がいるんだなと考えさせられましたし、警察と言っても人間だから、その背景にはいろんな想いがあるんだなと思いました」と、感想を述べている。

【動画】『堂場瞬一サスペンス「検証捜査」』予告編

 「刑事・鳴沢了」シリーズ、「失踪課」シリーズ、「アナザーフェイス」シリーズなど、ベストセラーを多数生み出している警察小説の旗手・堂場瞬一氏が手掛ける同名小説を仲村トオル主演、栗山千明らの出演で初ドラマ化。えん罪事件を検証するための寄せ集めチーム「特命班」の活躍を描く。

 市村は、特命班が対峙する神奈川県警の幹部・重原功を演じる。横浜・戸塚で起きた事件の捜査を担当し、柳原真治(忍成修吾)を逮捕した。しかし冤罪となったことで、その検証捜査を進める神谷(仲村)ら特命班と激しく対立することになる。

 仲村と市村は初共演。仲村は「都内某所の坂道を自転車ですごい勢いで上ってくる市村さんをお見かけしたことがあるので、とてもパワフルな方だろうなって思っていました。でも重原という役では声の出し方も含め、内側に秘めた感じの演技が想像以上だと感じました」と意外な“接点”を明かす。

 えん罪事件の聴取の際に神谷が重原と対決する緊迫したシーンは見どころの一つとなっており、市村は「演じる上で、奥に秘めているものを、どのくらい出すかというさじ加減が難しいところではありましたが、神谷や島村(角野卓造)との対決のシーンは、お二人がどんな芝居でぶつかってくるのか楽しみなところでもありました。このシーンは、共演者の皆さんも大きな声を出していたし、怖かったなあ(笑)。皆さんがここでヒリヒリするような緊迫感を感じ取ってくださるなら一生懸命やった甲斐があります。初共演の仲村トオルさんとの対決、お楽しみに!」と、アピールしている。

最終更新:6/25(日) 14:07
オリコン