ここから本文です

宇多田ヒカル、長瀬智也主演ドラマ「ごめん、愛してる」で民放9年ぶり主題歌

6/26(月) 4:05配信

スポーツ報知

 歌手の宇多田ヒカル(34)が、TOKIO・長瀬智也(38)主演のTBS系日曜劇場「ごめん、愛してる」(7月9日スタート、日曜・後9時)の主題歌「Forevermore」(7月28日配信)を務めることが25日、発表された。

 宇多田は、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(16年)の「花束を君に」に続くドラマ主題歌。民放ではフジ系「イノセント・ラヴ」(08年)の「Eternally―Drama Mix―」以来9年ぶり。

 劇中では母親に捨てられ、悲運を呪い、愛情を求める律(長瀬)。彼とヒロインの凜華(吉岡里帆)、母親の愛を受け屈託なく生きるピアニストのサトル(坂口健太郎)の三角関係などを描く。同局の清水真由美プロデューサーは「世界観を大きく広げることのできる強いテーマソングはどんな曲だろう、と悩みました。リクエストはただ一つ、“2010年代を代表するラブソング”。曲を聴き、大きくて深くて切なくて、思いが通じた気持ちになりました」とコメントした。

 宇多田は、28日発売の女性ファッション誌「VOGUE JAPAN」の8月号で単独インタビューに応じている。

最終更新:6/26(月) 4:05
スポーツ報知