ここから本文です

海岸林の再生願い イオン新地でクロマツ植樹

6/25(日) 9:59配信

福島民報

 イオンの「イオン心をつなぐプロジェクト」によるクロマツの植樹は24日、福島県新地町の埓浜防災緑地で行われ、参加者は海岸林の再生を願いクロマツ約4千本を植えた。
 イオンが被災3県で展開している「東北復興ふるさとの森づくり」事業。町内外やイオングループの社員ら約200人が参加した。 参加者は背丈20センチほどに育ったクロマツが無事に成長することを願い丁寧に植えていた。
 県相双建設事務所が津波で被災した約24ヘクタールの土地に防災緑地を整備している。クロマツなど約5万本を順次、植える計画。2018(平成30)年度の完成を目指している。

福島民報社

最終更新:6/25(日) 10:27
福島民報