ここから本文です

お昼寝をしよう!お昼寝の効果と快適な環境づくり

6/25(日) 10:01配信

ベネッセ 教育情報サイト

小さなお子さまの場合、お昼寝の習慣があることも多いかと思います。お子さまには快適にお昼寝の時間を過ごしてもらいたいですよね。お昼寝にはベストなタイミングがあるのでしょうか。またお昼寝をするときの部屋の環境はどう整えてあげればよいでしょうか。
今回はお昼寝の効果や適切なタイミング、快適な環境づくりまで、お昼寝にまつわる情報をまとめてご紹介します。

こんな効果も!お昼寝のメリット

お子さまのお昼寝には様々なメリットがあります。以下で代表的なものをご紹介しましょう。

◆疲労の回復
午前中にしっかり遊んでいると、お子さまは知らず知らずのうちに疲れをためてしまいます。お昼寝をすることでその疲れを解消させましょう。午後からもまたいっぱい体を動かして遊べるようになります。

◆心の健康を保つ
コロラド大学ボルダー校のある研究によると、2歳半から3歳までのお子さまがお昼寝をしないと、不安感が増すことがわかっています。さらに喜びの感情や好奇心が減ったり、問題解決能力が低下したりするデメリットがあることも判明したそうです。
お昼寝はお子さまの心の健康を保つために必要だとわかります。

◆学習効果を高める
睡眠と学習に関しては、カリフォルニア大学バークレー校やニューヨーク市立大学など、アメリカの複数の大学で研究されています。これらの研究によると、一般的に睡眠は、記憶力や新しいスキルを身につける力、物事を推測する力を向上させることがわかっています。
さらにマサチューセッツ大学アマースト校の心理学者Rebecca Spencer氏によると、お昼寝は就学前のお子さまの学習効果を高めたり、記憶力を向上させたりする効果があるとのことです。「寝る子は育つ」といいますが、お昼寝はお子さまの体だけでなく脳も発達させるといえるでしょう。

お昼寝は何歳まで?

お昼寝の習慣がなくなる年齢はお子さまにより様々です。基本的に無理やりお昼寝をさせたり、お昼寝をやめさせたりする必要はありません。
ただし小学校に入学してから急にお昼寝の時間がとれなくなると、お子さまがお昼寝をしていた時間帯に眠たくなってしまう可能性があります。したがって5、6歳になってもお昼寝の習慣があるお子さまは、入学前を目安にお昼寝の時間を少しずつ減らしていくとよいでしょう。
なおお昼寝をやめるということは、夜の睡眠時間にプラスアルファが必要であるということを意味します。したがってお昼寝の時間を減らす場合は、その代わりに夜の睡眠時間を長くとれるようにしてあげましょう。布団に入る時間を早くするなど工夫してみてください。

1/2ページ