ここから本文です

奄美出身監督が全国制覇 実業団軟式野球大会

6/25(日) 13:46配信

南海日日新聞

 全日本実業団野球連盟主催の軟式野球全国大会「紅龍旗争奪野球」の決勝が22日、東京ドームであり、鹿児島県奄美市名瀬出身の元野天心さん(37)が監督を務める株式会社キャプティ野球部(東京ガスグループ)がパイオニアをタイブレークの末に3―2で下し、3年ぶり3度目の優勝を飾った。
 元野監督は大島高校、日本大学卒。独立リーグなどを経て2008年にキャプティ野球部入りした。12年には副主将として奄美合宿にも参加した。今回は監督就任2年目での全国制覇となった。
 元野さんは「4月にあった白龍旗争奪で準優勝に終わり発奮したことが勝因につながった。プロ注目の選手も在籍して、メンバー内の競争も激化。スターティングメンバー選びが目下の悩み。9月にある蒼龍旗争奪に向けて頑張りたい」と力を込めた。
 奄美合宿の可能性については「鹿児島国体を20年に控えている。それまでによい成績を収めながら奄美合宿が実現できるように頑張りたい」と話した。
 夏の甲子園大会鹿児島予選を控える高校球児には「努力は裏切らない。自分で考えることを常に実行して向上心を持って努力してほしい」とエールを送った。

南海日日新聞

最終更新:6/25(日) 13:46
南海日日新聞