ここから本文です

浦和、紅白戦で調整 25日鳥栖戦、ミシャ監督「全員で結果つかむ」

6/25(日) 4:10配信

埼玉新聞

 リーグ2連敗中で暫定8位の浦和は25日、同12位の鳥栖と敵地で激突する(19時・ベアスタ)。チームは24日、大原サッカー場で1時間の全体練習を行い、翌日に備えた。

 11対11の紅白戦では主力組のワントップにラファエルシルバ、シャドーに李と武藤、ボランチに長沢と青木、サイドは右に駒井、左に関根、3バックは右から森脇、遠藤、槙野、GKに西川が入った。スタメンが予想される興梠、柏木、阿部はゲーム形式には交ざらず、ランニングなどで調整。また右膝を痛めている日本代表の宇賀神は別メニューが続き、遠征に帯同しないことが決まった。

 紅白戦では主力組で前線を組んだラファエルシルバ、李、武藤がいずれも得点。守備では7、8回決定機を阻止した西川を中心に無失点に抑えた。

 アウェーの鳥栖戦はミシャ監督が就任した2012年以降、1勝2分け2敗と分が悪く、「過去には非常に厳しい試合をし、厳しい結果を突き付けられた苦い思い出がある」と指揮官。それでも苦境を乗り切るために、「高い規律と集中力、そして全員がハードワークして、一つの結果をつかみたい。状況を変えられるのは自分たち自身しかいない」と力説。会見では何度もハードワークという言葉を使い、選手たちに戦う姿勢を促した。

最終更新:6/25(日) 4:10
埼玉新聞