ここから本文です

江東区。候補者の顔ぶれと情勢解説【都議選2017】

6/25(日) 7:50配信

選挙ドットコム

江東区。候補者の顔ぶれと情勢解説【都議選2017】

過去3回の選挙では、主要な国政政党の公認候補者が揃い、投票率も都平均を上回る激しい戦いが展開されてきました。今回は豊洲への市場移転問題を抱え、各候補者が注目課題を中心に論戦を繰り広げる激しい戦いが続いています。

3期目を目指す自民党現職・山崎一輝氏は、医療施設や交通網の整備などを訴えます。

父(木村勉氏)が衆院議員を務め、姉(木村弥生氏)も現在、衆院議員である自民党新人・高橋めぐみ氏は、区議3期の経験、待機児童解消や防災防犯対策などを訴え議席獲得を目指します。

公明党は、今年死去した現職議員の後継に、区議3期の新人・細田勇氏を擁立します。2万5000票~2万8000票を獲得している公明党の国政比例票に上積みを図る方針で、議席維持が至上命題です。

共産党は、都議団副幹事長、現職・畔上三和子氏が7人の区議とともに活動を強化しています。直近2回(14衆、16参)の国政比例得票数が3万1000票を超えていて党勢を議席維持に結びつける方針です。

民進党は、4期目を目指す現職・柿沢幸絵氏を公認していました。しかし、柿沢氏が告示直前、最後の都議会閉会とともに離党したため、元職・大沢昇氏の公認を急遽、決定しました。柿沢氏は、都民ファーストの会の推薦を受け、立候補します。

都民ファーストの会は、スポーツナビゲーターの新人・白戸太朗氏を擁立します。白戸氏は、東京オリンピック・パラリンピックを踏まえたスポーツ振興、子どもたちの自主性を重んじた教育支援などを訴えます。去年の都知事選挙で小池氏が獲得した11万票余の党勢を議席獲得に結びつける考えです。

現在、全国で13人の地方議員を擁する幸福実現党からは、新人・表奈就子氏が立候補します。

企画会社顧問で、無所属の新人・古賀美子氏も立候補します。
なお、選挙ドットコムで都議選特設サイトを開設し、全42選挙区の立候補者・情勢の解説を行っています。

1/2ページ

最終更新:6/25(日) 7:50
選挙ドットコム