ここから本文です

マフレズ、アーセナル行きを望むも...... 移籍に踏み切れない理由とは?

6/25(日) 1:10配信

theWORLD(ザ・ワールド)

チェルシーやリヴァプールも移籍先候補に

2014年1月よりレスター・シティに在籍しているリヤド・マフレズ(アルジェリア代表MF)。2015-2016シーズンはジェイミー・バーディや岡崎慎司らと共に同クラブの躍進の原動力となり、後に各メディアで“おとぎ話”と称えられたプレミアリーグ制覇に貢献。同クラブで充実した日々を送っている同選手だが、ビッグクラブへの移籍の噂が複数のメディアで報じられるなど、去就が不透明な状況となっている。

バルセロナへの移籍も噂されているなか、現時点で同選手がアーセナルへの移籍を前向きに検討していることが、英『EXPRESS』で伝えられた。しかし、アーセナルが来季のUEFAチャンピオンズリーグ(以下UCL)の出場権を逃したことを受け、アルジェリア・メディア『Le Buteur』が前述とは異なる見解を報道。現段階でチェルシーやリヴァプールへの移籍を決断する可能性も否定できないという見方を示している。

来季のUCL出場権を逃したことにより、主力選手の慰留や新戦力の補強が例年以上に困難となっているアーセナル。今回もUCL出場権を持つビッグクラブに足元を見られてしまうかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/