ここから本文です

1点差で競り負けたソフトB工藤監督、若手バッテリーに“注文”「日々勉強」

6/25(日) 7:40配信

Full-Count

勝敗分けた“不用意な1失点”に渋い表情

 24日、2-3で西武に惜敗したソフトバンク。先発の松本裕樹が4回に許したメヒアの2ランと外崎のソロの連続被弾が最後まで重くのしかかった。試合後、工藤公康監督は「メヒアのはしょうがないにしても、次(外崎)のがね」と、結果的に勝敗を分けた“不用意な1失点”に渋い表情を浮かべた。

【ハイライト動画】SB松本から値千金の逆転2ランを放った西武・メヒア

 工藤監督は「うまくかわして投げていたんだけどね」と、序盤の松本裕の投球を評価した上で、4回の失点の場面について松本裕と甲斐拓也の若手バッテリーに注文をつけた。

「あそこ(4回の被弾)だけ単調になったというわけではないが、もうちょっとというのはある。(味方打線が点を)取れないときこそ、相手打線でキーになるのは誰なのかをしっかり見つけて抑えていってほしい。まあ、若いバッテリーだから、今後の糧にしてほしい。日々勉強だよ」

 また、ビハインドの展開ながら勝ちパターンの岩嵜翔を投入したことについては「(登板の)間隔があいて、本人が投げたいということだったから」と説明。7回から9回まで先頭打者が四球で出塁しながら、あと1点が奪えなかったソフトバンク。前日の豪快な打ち勝つ野球から一転、もどかしさだけが残ったが「さ、明日がんばりましょう!」と指揮官は最後まで明るく振舞っていた。

藤浦一都●文 text by Kazuto Fujiura

最終更新:6/25(日) 7:40
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/25(火) 16:15