ここから本文です

アーセナル、エジルとサンチェスのために大量放出か 新システムで輝いた選手も対象に

6/25(日) 1:00配信

theWORLD(ザ・ワールド)

ウイングバックでさらに開花したチェンバレン

3バックにシステム変更して以降、才能をさらに開花させたアレックス・オックスレイド・チェンバレンが、今シーズンでアーセナルを去ることになるかもしれない。

アーセナルの移籍問題はアレクシス・サンチェスとメスト・エジルで持ち切りだが、チェンバレンも来シーズンで契約が切れる。そのため今夏で移籍か、契約延長かを決めなければなれない。同選手もアーセナルにとって必要不可欠な選手だが、放出せざるを得ないと英『INDEPENDENT』が報じている。同紙によるとエジルとサンチェスを残留させるために給与を増額した場合、アーセナルは資金捻出が必要となり何選手かの放出が避けられないという。アーセナルは今シーズン、プレミアリーグで5位に終わり、来シーズンのチャンピオンズリーグに出場できないため、収入が減ると見られている。

またチェンバレンの移籍先にはリヴァプールが第一候補とされており、ユルゲン・クロップ監督が同選手の獲得を熱望しているという。まだチャンピオンズリーグ本戦出場は決まっていないリヴァプールだが、プレミアリーグと並行して戦うには大幅な戦力アップが必要となってくる。

2大看板のエジルとサンチェスが契約を更新したときは、アーセナルは大幅な改革が行なわれるかもしれない。果たして新システムで開花したチェンバレンは、今夏アーセナルを離れるのだろうか。

https://www.theworldmagazine.jp/20170625/01world/england/137926