ここから本文です

コンピューターサイエンスに強いヨーロッパの大学ベスト10

6/25(日) 20:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

一流大学で取得したコンピューターサイエンスの学位があれば、アップルやグーグル、Facebookといったテック企業への就職に役立つだろう。

【画像】コンピューターサイエンスに強いヨーロッパの大学ベスト10

だが、雇用主の目を引くためには、どの大学で学位を取得するのがベストなのか。

我々は2017年の「QS World University Rankings」を使用し、トップレベルのコンピューターサイエンスコースと情報システムコースを持つヨーロッパの大学を調査した。

QS World University Rankingsは、学生が志願する大学を決める際に参考にする、最も信頼性の高い情報源の1つであり、雇用主もどの求職者を採用するか決定する際に参照する可能性が高いウェブサイトだ。

同サイトのランキングは、各大学の学問的評価・雇用者の評価・研究のインパクトに基づいている。評価指標の詳細についてはこちらで読むことができる(英語)。我々が参照したのは総合スコアであり、100点満点で評価している。

10. ミラノ工科大学 (74.6点)

ミラノ工科大学のコンピューターサイエンスおよび工学部は、74人もの教授を擁する。

9. モスクワ大学 (74.7点)

1755年にロシアの科学者ミハイル・ロモノーソフ(Mikhail Lomonosov)によって設立された同大学には、4万人以上の学生が在籍している。

8. ミュンヘン工科大学 (77.2点)

構内の巨大な滑り台の近くで過ごす学生たちは、自分たちが工科大学の学生とは感じにくいかもしれない。

7. ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL) (78.9点)

グーグルが買収したAIスタートアップDeepMindなどの企業と強いコネクションを持つUCLは、イギリストップレベルのコンピューターサイエンス学部を有する。

6. スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)(80.7点)

同大学は自然科学と工学に特化している。

5. エジンバラ大学 (81.1点)

1582年設立の同大学は、英語圏において世界で6番目に古い大学であり、スコットランド最古の大学の1つだ。エジンバラ大学は、旅行券予約サイト「スカイスキャナー(Skyscanner)」やファンタジースポーツ新興企業「ファンデュエル(FanDuel)」などの10億ドル規模のビジネスを展開する企業の近くに位置する。

1/2ページ

最終更新:6/25(日) 20:10
BUSINESS INSIDER JAPAN