ここから本文です

大事な記念日や祝日にキッズに会えないセレブパパたち

6/25(日) 21:03配信

ELLE ONLINE

先日の父の日に、ブラピが子どもと会えなかった……という報道があり、全国のパパが涙した(?)のも記憶に新しいが、セレブ界には泥沼の離婚劇や親権争い、その他もろもろの理由で会いたいときに我が子に会えないパパたちがたくさんいる模様。そこで、家族とお祝いしたい祝日や記念日に子どもと会えないかわいそうなセレブパパたちを集めました。

【写真】父の日記念!セレブ界No.1のおしゃれパパは誰?

トム・クルーズ

離婚後、一人娘スリちゃんの親権をケイティ・ホームズと共有するトム。とはいえ、撮影で長期間ロサンゼルスの自宅を留守にするためにハロウィーンや感謝祭、クリスマスや新年、イースターといった大事な休日を娘と過ごす機会は皆無。ゴシップ雑誌などに「3年以上も娘と会っていない」などと書き立てられるのも仕事優先のライフスタイルのせい。単なる大スターというだけでなく、プロデューサーも務める完璧主義者だしね。さらには元妻ケイティに高額な養育費を支払う必要があり、そのためにも必死に仕事をしている感あり。私生活を投げ打ってるようで、トムがかわいそう。

ブラッド・ピット

アンジェリーナ・ジョリーが単独親権を求めたために、“悪い父親”のレッテルを貼られそうになったブラッド。実際、第三者の監視のもとでしか子供たちに会えない時期もあったが、最近はブラッドとアンジーの取り決め通りに子供たちと自宅で過ごすこともできるようになった。ただし、アンジーのスケジュール優先。国連の仕事や映画撮影、さらにはロンドンの大学での講師活動などで世界を飛び回る元妻の都合に合わせなくてはならないので、今年の父の日は前日の土曜日に繰り上げ。双方の間で親権に関する最終決定がなされるまで、大事な休日のイブがブラッドと子供の面会日となるのは確実。それでも会えるだけ、ラッキー!

メル・ギブソン

ロシア人シンガー、オクサナ・グリゴリエヴァとの浮気で30年間連れ添った愛妻と離婚したメル。しかもオクサナと婚約したものの、彼女が妊娠中に破局。醜悪な非難合戦が繰り広げられ、メルが生まれた娘ルチアに会うには事前申請やナニーの手配など面倒臭い手続きが必要とされていた。1年に数度しか会えないことに苛立ったメルは2年前に判事に対して娘を彼の故郷オーストラリアに滞在させる許可を申請。またオクサナに支払う生活費と育児費を増額することで共同親権と娘の進学先を決定する権利を獲得。ようやく一緒に過ごす時間が増えると思ったけれど、昨春に出会った恋人ロザリンド・ロスが息子を出産して以降は、ルチアへの興味が激減した様子も!?

1/2ページ

最終更新:6/25(日) 21:03
ELLE ONLINE