ここから本文です

墓石の品質は石の種類だけではない 「価格差」を決める要因とは

6/25(日) 10:00配信

マネーの達人

墓石にはさまざまな種類があります。そして、種類によって値段も異なります。

ただ、墓石の値段を決めるのは、「石の種類」だけではありません。

同じ石の種類であっても、ランキングや品質によって値段も異なってくるのです。

御影石、黒龍、大島石…さまざまな種類の墓石

現在の墓石は、その80パーセント程度が国外生産によってつくられています。使われる石も職人も、海外のものが主流だということです。

さて、このように海外でよく作られている墓石ですが、それにはいろいろな種類があります。

恐らく、もっとも多くの人にとって聞きなじみのある「御影石」。

耐久度が高い石として知られていて、墓石だけでなく、道をつくるときによく使われます。カラーバリエーションも豊富です。また、非常にお買い得です。

「黒龍」は中国でよく採取される石です。

年月が経っても変化がしにくい石だと言われており、比較的安価であるにも関わらず品質がよいとして評判です。ただ、あまりにも安すぎるものは、品質に不安があるのでご注意を。

日本産の「大島石」は、非常に高価です。極めて退色がしにくい石であること、とにかく美しい石肌を持っていることから、高く評価されています。

値段は決して安くはありませんが、「終の住処だからこそこだわりたい」という人は、思い切ってこれを選ぶのもよいでしょう。

墓石のランクによる値段の違い

このように、墓石は「種類」によって値段が異なります。

ただ、実は「同じ種類でも値段が異なる」ということもあるのです。

値段は、業者やオプションなどによって大きく異なるため、一概には言えません。ただ、中国産の御影石などは非常に安く、20万円を切るケースもあります。

ただ、この御影石も、「外見が高価な石と似ているもの」などの場合は、値段が8万円近くアップすることもあります。

黒龍も同じです。色や外見が美しくなると、金額は10パーセント程度上乗せされることもあります。

元々の値段が高額である「大島石」などは、さらに価格差が大きいと言えます。

お買い得なものは45万円を切ることがありますが、高価なものだと、77万円を超えるケースすらあります。

これらの「価格差」を決める要因として大きいのは、「外見上の美しさ」です。

また、墓石というのは長くそこにあり続けるものですから、「長い時間が経っても劣化しないもの」、「長い時間が経つことによってさらに美しくなるもの」は高い評価を受けます。

最後に

このように、一口に「墓石」と言っても、墓石の種類とそのランクで値段は大きく異なります。

決して安いものではありませんが、終の住処ともなる場所。じっくり選んで後悔しないようにしたいものですね。(執筆者:鍋谷 萌子)

最終更新:6/25(日) 10:00
マネーの達人