ここから本文です

WTCCポルトガル予選:10番手のホンダの道上龍、オープニングレースのポールポジション獲得!

6/25(日) 1:54配信

motorsport.com 日本版

 WTCC(世界ツーリングカー選手権)第5戦ヴィラ・レアルラウンドの予選が行われ、ホンダのノルベルト・ミケリスが首位となった。ホンダの道上龍はQ2進出を果たして10番手。オープニングレースのポールポジションを獲得した。

WTCC第5戦ヴィラ・レアルラウンド予選リザルト

 予選Q1はミケリスがトップタイムを記録した。セッション前半ではホンダのティアゴ・モンテイロが首位に位置していた。セッション残り8分のところで、シケインに立っていたポールが全て弾き飛ばされてしまったため、セッションは赤旗中断となった。コースの修繕が完了した後、モンテイロがコースオフしてしまうも、チームメイトのミケリスがベストタイムを更新してトップとなった。2番手はシトロエンのロブ・ハフがつけた。また道上も好ペースを発揮し、ラストアタックで6番手に浮上した。

 15分間に及ぶ予選Q2でも、ホンダ勢が優勢的。終始モンテイロとミケリスが1-2を独占し、3番手にハフがつけるという位置関係に変化はなかった。道上は10番手タイムでチェッカーフラッグを受け、オープニングレースのポールポジションを獲得した(オープニングレースはQ2結果のリバースグリッドのため)。

 予選Q3は、モンテイロ、ミケリス、ハフ、ボルボのテッド・ビョークとニッキー・キャッツバーグによって争われ、結局ミケリスがメインレースのポールポジションを獲得した。Q2でトップタイムだったモンテイロはミケリスに2秒差をつけられ4番手。2番手はハフ、3番手はビョークだった。

 ヴィラ・レアルラウンド決勝のオープニングレースは、日本時間6月26日0時45分よりスタートする。