ここから本文です

「これ大丈夫なんですか?」人気女性声優が心配!?

6/25(日) 0:39配信

ニッポン放送「しゃベル」

6月15日(木)深夜放送の、ニッポン放送『ミュ~コミ+プラス』(パーソナリティ:ニッポン放送アナウンサー吉田尚記)の中で、ラジオドラマ「けものフレンズ12.42話」、完結作となるDパートが放送された。

今回のラジオドラマ企画は、本家アニメ作品『けものフレンズ』が二次創作に寛容ということを受け、番組で本編アニメに出演している声優をキャスティングし、完全オリジナルストーリーのラジオドラマを非公式で制作したもの。

この日はスタジオに、本家ではかばん役、そして今回のラジオドラマにも同じ役として出演した声優の内田彩と、お笑い芸人の大西ライオンが生出演した。

オープニングでは内田が非公式ラジオドラマに出演することに対して、リスナーから質問のメールが送られた。

吉田:こんな質問頂いてます。「今回のラジオドラマはキャスト陣にろくに説明もされずに収録したとのことでしたが、台本をもらった時不安じゃなかったですか?」

内田:あははは(笑)。いや、不安は1個も無かったですね!

吉田:そうなんですか?

内田:「なにこれおもしろーい!」って思ったんですが、「これ大丈夫なんですか?」って思いました(笑)。

吉田:思いましたよね?でもリスクがあっても内田さんは自分が嫌な気持ちにならなければ全部”通し”の人ですから。

内田:はい(笑)。そうですね、面白くて。あとはでも、いつもは私ラッキービースト役もやってるんですけど……。

吉田:ちっちゃな(ラッキービーストっていう)ガイドみたいのが出てくるんですよね。

内田:アニメの収録の時は、かばんちゃんはかばんちゃんで一緒にみんなと収録して、ラッキーはラッキーで別で収録してたんですけど、ラジオドラマの時は全部とりあえず一緒にかばんちゃんとラッキーのセリフとかも収録だったので大変でした(笑)。

自分が嫌な気持ちにならなければ大丈夫という内田。今回のラジオドラマの収録にあたり、実はノリノリであったこと、そして収録が大変だったことを明かした。

そしてもう一人のゲスト大西ライオンだが、『けものフレンズ』の事を全く知らずSNSで存在を知ったとのこと。

吉田:『けものフレンズ』って知ってました?

大西:いや、僕『けものフレンズ』全く知らなかったんですよ。

吉田:しょうがないですよね。

大西:でも「大西ライオン」ってTwitterとかで検索するじゃないですか?SNSで、そしたら「大西ライオン」の後に「けものフレンズ」ってワードが出てくるんです。

内田:あはははは(笑)。

大西:え?なんやこれ?っていうのはずっと気になってたんです。「なんで『けものフレンズ』に大西ライオン出ぇへんねん」みたいな。いや、『けものフレンズ』って何?っていう。

そしてこの後、大西はもし『けものフレンズ』が実写化された際には「全然出る!」と意気込みを語った。

そしていよいよ12日~15日の4日間に渡り放送されてきたオリジナルラジオドラマ『けものフレンズ12.42話』のDパートがOAに。

完結作となるDパートではスタジオゲストの内田彩、大西ライオン。そして尾崎由香、本宮佳奈、小野早稀、佐々木未来、根本流風、田村響香、相羽あいな、築田行子といった本家アニメ『けものフレンズ』にも出演している声優陣に加え、松井玲奈、田所あずさ、真山りか(私立恵比寿中学)、鈴木絢音(乃木坂46)、佐々木琴子(乃木坂46)といった番組にゆかりのあるメンバーも総登場した。

Dパートの放送後にはスタジオの内田と大西が興奮気味に感想を語った。

吉田:内田さん1作品演じ終わっていかがですか?

内田:本当最後だけ聴いたらすっごい良い話ですよね(笑)。

大西:あはははは(笑)。

内田:でも笑いすぎて全然中身が入ってこなかったです!

大西:ちょっとやっぱ異質でしたね!大西ライオン異質です!

吉田:でもいろんな人達が(Twitterで)「大西さん演技上手い」みたいな話すごいあるんですよ。

内田:めっちゃ良い声で!

大西:本当ですか!?ありがとうございます!

吉田:大西さんのブッキングに成功したのがすごい僕らファインプレーで、大西さんがなんか言ってくれたら全部オチるね!

大西:あははははは(笑)。

やりたい放題な内容で4日間に渡って放送してきたラジオドラマ「けものフレンズ12.42話」だったが、最後は、無事完結したことの喜びを全員で語った。

ニッポン放送