ここから本文です

40歳の鈴木貴男 惜しくも準V、フルセットの末敗れる<男子テニス>

6/25(日) 14:53配信

tennis365.net

キングズ・デルタ・グアム・フューチャーズ2017

男子テニスツアーの下部大会であるキングズ・デルタ・グアム・フューチャーズ2017(グアム/タモン、ハード、ITFフューチャーズ)は25日、シングルス決勝戦が行われ、世界ランク1644位で40歳の鈴木貴男は第1シードの江原弘泰に6-7 (4-7), 6-4, 3-6のフルセットの末に敗れるも、準優勝を果たした。

【錦織 芝と相性悪く全英に不安】

この日、タイブレークの末に第1セットを落とした鈴木は、続く第2セットで3度のブレークに成功し、セットカウント1-1に。

その後、ファイナルセットでは先に江原にリードを許し、その後も挽回の糸口を見いだせず、2時間20分で敗れた。

現在40歳の鈴木は今大会ノーシードで決勝まで駒を進めた。1回戦で第2シードの岡村一成、2回戦でL・カステルヌオヴォ(スイス)、準々決勝で小野田賢、準決勝で第3シードの井藤祐一を下しての勝ち上がりだった。

2015年のキングズ・デルタ・グアム・フューチャーズでは、決勝で菊池玄吾をストレートで下してタイトルを獲得していた。

tennis365.net

最終更新:6/25(日) 14:53
tennis365.net