ここから本文です

息ピッタリ身長28センチ差新バッテリー 鷹助っ人、本拠地不敗神話続くか

6/25(日) 12:03配信

Full-Count

甲斐との2度目バッテリー濃厚のバンデン「よくわかってくれているから大丈夫」

 25日、ソフトバンクのバンデンハークが西武戦のマウンドに上がる。16日の広島戦から中8日での登板となるが「問題ないよ」と明るい表情を見せた。

期待の若手を多数輩出、ソフトバンクここ10年のドラフト指名選手一覧

 23日に西武打線を相手に完封勝利を挙げた東浜巨の投球について「グレートだったね」と賛えたバンデンハーク。「いろいろな球種を混ぜて、ストライク先行でいいピッチングをした。自分も活かせるところはあると思うよ」。

 開幕からバッテリーを組んできた高谷裕亮が指の骨折で離脱し、広島戦から甲斐拓也とバッテリーを組む。198センチの長身バンデンハークに対し、甲斐は170センチ。身長差28センチの新バッテリーも息はぴったりだ。

「みんな新しくバッテリーを組んでみてどうだったって聞くんだけど、ホークスに来た1年目はファームで一緒にやっていたからね。ボクのことをよくわかってくれているから、今回も大丈夫だよ」

フォーク習得を積極継続、不敗神話は「みなさんが気にしてるだけ」

 22日の練習中は、外野で千賀滉大からフォークボールの握りについて“ミニ講習”を受け、2人でキャッチボールをする場面も見られた。今シーズンはずっとフォークボールの習得に熱心に取り組んでいるが、バンデンハークは「そんなにすぐには投げられないよ」と笑う。

「センガだけでなく、ナオ(東浜)やショウ(岩嵜)もいいフォークボールを投げる。いろいろ教えてもらいながら、毎日試しながらやっているよ。日々の積み重ねだね」

 また、本拠地ヤフオクドームでは今シーズンも4試合に登板して3勝0敗。来日以来、ヤフオクドームで負け知らずの不敗神話を継続中だが「それはみなさん(報道陣)が気にしてるだけ。どの球場でも、同じ気持ちで同じように試合に臨むだけだよ」と気にする素振りも見せなかった。

 今回も不敗神話は継続されるのか。バンデンハーク本人が気にしなくても、記事の見出しに使いたい側としては気にしながら見守るしかない。

藤浦一都●文 text by Kazuto Fujiura

最終更新:6/25(日) 12:03
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/23(日) 18:10