ここから本文です

おはスタ司会者・花江夏樹 お笑いラジオ巻き込まれ、新たな才能が開花!?

6/25(日) 6:50配信

ニッポン放送「しゃベル」

6月16日(金)深夜放送の「三四郎のオールナイトニッポン0(ZERO)」で、TV番組「おはスタ」でMCを務める人気声優の花江夏樹が出演。声優としての技量だけでなく、三四郎の無茶苦茶なノリにも、笑いで返すという花江の柔軟さや人柄が、SNS上でも話題になった。

今年の春から、三四郎の相田周二がTV番組のナレーション業でも活躍していることから、本業の“お笑い”ではなく声優業に熱を注いでいることを、ラジオ番組で度々紹介してきた。「声優としてイベントを開催したい。東京ドームを埋め尽くしたい」と発言することもあり、その相田の声優熱に応え、“声優の先生”として花江夏樹をゲストに招くことになった。

花江がスタジオに登場すると、始めは相田も「どうすれば良い声が出るか」と真面目に質問をし、それに対して「良い声を出そうとしてはダメです。気持ちが台詞に入ってない。気持ちが入れば、おのずと聞いているひとに伝わるし、いい声だと感じてもらえる」と花江も真剣に答えていた。

ところが、リスナーからのメールや、花江が相田のことを褒めすぎたことがきっかけで、徐々に“声優の先生”はお笑いラジオに巻き込まれていった。

【メール:「こんな穢れた手じゃ、愛する女さえも抱きしめることが出来ない」という台詞はどう言ったら良いですか?】

小宮:この質問、具体的すぎない?

花江:こんな穢れた手じゃ……

相田:こんな穢れた手じゃ、愛する女さえも抱きしめることができない!

小宮:いや、花ちゃんへの質問ですよ?何で相田が言ったの?

相田:どうだった?花ちゃん

花江:さっきも言ったように、穢れているって思わないと。“俺イケているゼ感”が出ている

小宮:またメモってる(笑)

花江:こんな穢れた手じゃ……愛する女さえ、抱きしめることができない……

三四郎:おぉーー!!全然違う!

小宮:耳心地が違う

【メール:朝、起きられないので「ほーら早く起きて、先に朝ご飯を作っておいたよ」と言ってください。録音をして目覚ましにします】

小宮:お~録音して……

相田:ほーら早く起きて!先にー朝ご飯作っといたよ

花江:……相田さんへのメールだったの?

小宮:花ちゃんへのメールだから!

相田:これを録音して、目覚ましにしてください

小宮:相田のなんて、全然需要がないから。花ちゃんの目覚ましだから

相田:じゃぁ、花ちゃんお願いします

花江:ほ~ら、早く起きて?先に朝ご飯、作っといたよ!

小宮:全然違うなぁ。やっぱり声が……

相田:ほーら早く起きて!先に朝ご飯作っといたよ

小宮:やめとけよ!上書きするな!

美声の花江に言ってほしくて届いた台詞を、相田が何度も被せたことで「相田うるせー!」「出しゃばるな!」と、リスナーからは非難の声が殺到。進行をしていた小宮にも「活舌の悪さがうつる」という苦情まで届いて巻き添えになった。

この他にも花江は、喉の滑りを良くする油は“ガソリンのレギュラー”と答えたり、【“風邪をひいた”と嘘をついて仕事を休むには、どう電話すればいいか?】というリスナーからの質問にも優しくレクチャー。【母親に怒られたとき、どんな声色で反抗すればいいか?】という、声優ではなくお笑い向けの質問にまで「お母さんに、ぐちぐち言われるのは嫌ですから、一瞬で黙らせるために、“叫びの鋭さ”がポイントです」と真剣にコツを教えて「うるせーよババア!!!」と本気の叫びを披露。

お笑いまでも難なくこなす、正統派声優の対応は話題をよび、SNSでは「花ちゃんすごい!」「花江さんめっちゃ面白いw」というコメントが相次ぎ、TwitterのHOTワードランキングでも「#三四郎ann0」が1位にランクインした。

ニッポン放送