ここから本文です

マンUは金でゴールを買え 今夏どのFWを獲得するかが優勝のカギに「今季はイブラに頼りすぎた」

6/25(日) 19:20配信

theWORLD(ザ・ワールド)

インス氏は世界レベルのFW獲得を希望

マンチェスター・ユナイテッドが来季のプレミアリーグを制するためには何が必要なのか。答えは単純で、もっと得点を決めなければならない。今季はリーグ戦で54得点を決めたが、これはリーグを制したチェルシーより31点も少ない。これではリーグ制覇は難しい。

イブラにぺぺ、本田圭佑! “夏に獲得すべき10人

英『Daily Mirror』によると、かつてマンUでプレイしたポール・インス氏は得点が保証できるワールドクラスのアタッカーを2,3枚加えてほしいと考えているようで、昨季の問題点について次のように述べている。

「今季はイブラヒモビッチに頼りすぎた。過去20年、成功したユナイテッドはどこからでも得点を奪っていた。中盤にも得点を奪える選手がいたんだ。ギグス、スコールズ、ロイ・キーン、私もそうだ。守備陣にだってスティーブ・ブルース、パリスターがいた。デニス・アーウィンに頼ることもできた」

今季のマンUはイブラヒモビッチがリーグ戦で17得点決めてくれたが、他に二桁得点を決めた選手は1人もいない。同氏は期待のマーカス・ラッシュフォードも若すぎると考えているようで、来季成功を収めるためには一線級のアタッカーを獲得するしかないとの考えだ。

同メディアは「インスがマンUに金でゴールを買えと要求している」と伝えているが、攻撃力を爆発的に高めるためにはお金をかけるしかないだろう。今夏はイブラヒモビッチの代わりも必要となっており、前線の補強はマストだ。これまでアルバロ・モラタやガレス・ベイルなど複数の名前が挙がってきたが、マンUを救ってくれるのは誰だ。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1