ここから本文です

ドンナルンマが代理人ライオラ氏を解雇する可能性も? 18歳のGKを巡る攻防は泥沼化

6/25(日) 20:40配信

theWORLD(ザ・ワールド)

モンテッラ監督はドンナルンマの父と会って説得

移籍か、それとも残留の可能性もあるのか。クラブの将来を背負う存在になると言われていたGKジャンルイジ・ドンナルンマがミランとの契約延長を拒否した問題はどんどん大きくなっている。

英紙が選ぶ「プレミアに戻ってくるべきスター10人」

すでにレアル・マドリードに向かうのではといった話題も挙がっているが、ミラン側は指揮官ヴィンチェンツォ・モンテッラが個人的にドンナルンマの家族を訪ねて説得にあたるなどアクションを起こしており、クラブのマルコ・ファッソーネCEOもドンナルンマにミラン残留の気持ちがあると確信しているようで、交渉再開の希望も捨てていないことを明かしている。

こうしたミラン側の説得について、ドンナルンマの代理人を務めるミーノ・ライオラ氏は不満を抱いているという。今回の一件にはライオラ氏が深く関わっているが、伊『Mediaset Premium』によればライオラ氏もすぐに従弟のエンツォ・ライオラ氏をU-21欧州選手権でポーランドに滞在しているドンナルンマの下に向かわせたのだという。同氏はレアル行きを勧める考えで、18歳の青年を巡る動きはどんどん激しくなっている。

ただ、今後もライオラ氏とドンナルンマ側との意見が合わない場合は、ライオラ氏を解雇して新しい代理人を探す可能性もあると同メディアは伝えている。さらに同メディアはライオラ氏が解雇されるのは初めての経験ではなく、以前ナポリのマレク・ハムシクを移籍させようとして最終的に解雇されたことも取り上げられている。

ミランサポーターの中には、残留する場合はライオラ氏との関係を終わらせることを条件に挙げている者までおり、ドンナルンマには決断が求められている。

http://www.theworldmagazine.jp/