ここから本文です

西武守護神被弾で痛恨逆転サヨナラ負け 辻監督「何であそこでスライダー…」

6/25(日) 17:24配信

Full-Count

西武・増田が9回2死から福田に2ラン被弾、1点リード守り切れず

 西武が痛恨の逆転サヨナラ負けを喫した。25日のソフトバンク戦(ヤフオクD)。1点リードで最終回まで持ち込みながら、増田がサヨナラ2ランを被弾。リーグ戦再開最初のカードで、目の前にあった勝ち越しを逃した辻発彦監督は「初めて言わしてもらうけど、何であそこでスライダーをいったかな……。ヒットならいいのに……」と、勝負を分けた1球のバッテリーの配球に疑問を呈した。

【ハイライト動画】同点タイムリーを放った西武・源田

 1点リードで迎えた9回。守護神が痛恨の1発を食らった。1死から柳田のボテボテの二ゴロが内野安打に。長谷川を左飛に取り、2死としたが、悲劇はこの後に待っていた。福田に対し、カウント2ボール1ストライクからの4球目。バッテリーが選択したスライダーが真ん中へ入った。捉えらた打球はホークスファンが埋めた右翼席へと飛び込んだ。逆転サヨナラ2ラン。「あそこのスライダーは意味が分からない」と指揮官は首を傾げた。

「外崎もそうだし、いい繋ぎで、いい形で点が取れた」。勝利は目前だった。1点を先制されながら、3回2死一、二塁から源田の適時打で同点とすると、4回2死一塁から外崎が右中間を破る勝ち越しの適時打。さらに炭谷、金子侑、秋山と怒涛の4連打でこの回4得点。一気にリードを広げた。

 先発のウルフは6回3失点。7回に牧田が1点差とされ、2点差と広げた8回にもシュリッターが再び1点差に。結果的には、終盤に点差を詰められたのも痛かったが、指揮官は「そういう時もある。でも、ずっと1点差で、同点までいかせずに踏ん張った」と責めなかった。

 リードを奪い、懸命にその差を守っていた西武だったが、最後の最後に待っていた残酷な結末。2位と3ゲーム差とするチャンスだったが、逆に5ゲーム差と広げられる、もったいない敗戦となった。

福谷佑介●文 text by Yusuke Fukutani

最終更新:6/25(日) 17:30
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10/19(木) 8:45