ここから本文です

長野県で最大震度5強の地震 気象庁会見

6/25(日) 16:22配信

ホウドウキョク

25日午前7時すぎ、長野県南部で震度5強を観測する地震があった。
気象庁は25日午前9時、記者会見を開き、今回の地震は活断層との関連性はみられず、1984年にマグニチュード6.8の地震が起きた、長野県西部地震の活動域の中で起きた地震だと説明した。
また、長野県南部では、地震発生直後から震度1から4の揺れが続いていて、今後も1週間程度は、最大で震度5強程度の地震が発生するおそれがあると指摘した。
地震発生地域では、午後から雨が降る予報で、今後、土砂災害や家屋の倒壊にも注意するよう、呼びかけている。

画像つきで記事をみる

最終更新:6/25(日) 16:22
ホウドウキョク