ここから本文です

マクラーレン、スペック3エンジンの効果は認めるも「これほど辛い週末は初めて」/F1アゼルバイジャン土曜

6/25(日) 15:56配信

オートスポーツweb

 2017年F1アゼルバイジャンGPの土曜予選で、マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは16位、ストフェル・バンドーンは19位だった。

フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)がFP2でストップ、撤去されるマシン

 アロンソはパワーユニットのエレメント交換により40位降格のペナルティを受け、19番グリッドにダウン(暫定)。金曜にはスペック3のエンジンを試したが、FP2でのギヤボックストラブルの後、土曜からスペック2に戻している。

 バンドーンはパワーユニットのエレメントに加えてギヤボックスも交換したことで35位降格、18番グリッドからスタートする(暫定)。

■マクラーレン・ホンダ・フォーミュラ1チーム
レーシングディレクター エリック・ブーリエ
 今日の予選は非常に残念な結果に終わった。エンジン(のエレメント交換による)ペナルティにより、ふたりとも後方グリッドになることは最初から分かっていたことだが、それでも最後方の位置というのは気分のいいものではない。

 今回は決勝に向けてマシンを向上させていくことに集中してきた。予選でそれなりのパフォーマンスを示したいと思ってはいたが、重要なのは明日だと分かっていた。

 今週末は毎セッション、コースオフやインシデントが起きている。決勝で順位を上げるチャンスが訪れれば、必ずそれをつかむつもりだ。我々はレーサーだ。明日は全力を尽くしていく。

 私は彼ら(アロンソとバンドーン)と同じくレーサーだ。私は今まで、これほどまでに辛い週末を送ったことがない。

(今シーズン中のさらなるパワーユニット交換が避けられないことについて)今は考えていない。1戦1戦取り組み、着実にアップグレードしていくだけだ。 
 
(スペック3エンジンについて聞かれ)パフォーマンスが上がり、向上を確認できたのはよかった。

[オートスポーツweb ]