ここから本文です

オランダ移籍の堂安、サポーターに活躍誓う「『行ってよかった』と思われるように」

6/25(日) 21:41配信

SOCCER KING

 ガンバ大阪は25日に2017明治安田生命J1リーグ第16節で川崎フロンターレと対戦し、1-1で引き分けた。試合後には、この一戦を最後にオランダ1部・フローニンゲンへ期限付き移籍するMF堂安律の移籍セレモニーが行われた。

 堂安は「僕は今日のゲームを最後にオランダのフローニンゲンというチームに移籍することを決断しました」と挨拶すると、「本当にこのタイミングでいくのは申し訳ないと思っています。ただ、そういう状況でも僕の気持ちを理解してくれて後押ししてくれたクラブ関係者の方に、本当に感謝しています。そしてなにより、家族、両親にこの場を借りて感謝を伝えたいと思います。本当にありがとうございます」と感謝の言葉を述べた。

 続けて「昨日、ガンバでの思い出を振り返って、正直今年の良い思い出より、去年のJ3での悔しい思い出が多く蘇ってきました。自分はこのまま終わっちゃうのかなと本気で悩みました」とトップチームで出場機会を掴むことができない日々が続いた昨季を回想。

「そういう状況の中でもしっかり指導してくれた監督や、アウェイでも応援してくれたサポーターの皆さんのおかげで、ここまで駆け上がってこれたと思っています」と改めて周囲のサポートに感謝を示した。

 そして移籍を決断した大きな理由として、「一番は、先輩である宇佐美貴史という存在が自分の中で大きく、憧れでありました」と明かした堂安は、「ちょうど1年前に宇佐美くんのセレモニーを見て、本当にサポーターに愛されていたんだなと、今でも思い出します。大半の人はまだまだ僕のことを認めてくれてはいないと思います。ただ1年後、『アイツは行ってよかったよね』と思われるような活躍をして、頑張ってきたいと思います」と決意を語った。

 最後に堂安は「本当にみんなに感謝したいと思います。そして、このクラブのサポーターが大好きです。しっかり向こうで頑張ってきたいと思います。これからも応援よろしくお願いします。ありがとうございました」と締めくくった。

SOCCER KING

最終更新:6/25(日) 22:27
SOCCER KING