ここから本文です

インターハイ出場55校が決定!初出場は5校、前回王者・市船や青森山田などが全国で激突

6/25(日) 14:40配信

ゲキサカ

 25日、平成29年度全国高校総体 「はばたけ世界へ 南東北総体2017」サッカー競技(宮城)栃木県予選決勝が行われ、真岡高がFW齋藤遼平の2ゴールなどで栃木高に4-1で勝利。5年ぶり10回目の出場を決め、全国総体に出場する55校が出揃った。

 今年の全国総体には、昨年の決勝で千葉県勢対決を演じた前回王者の市立船橋高(千葉2)と流通経済大柏高(千葉1)、昨年プレミアリーグチャンピオンシップと全国高校選手権を制した青森山田高(青森、前回3位)、昨年度全国高校選手準優勝の前橋育英高(群馬)、15年度夏冬2冠の東福岡高(福岡)、前回大会で初出場ながら準決勝へ進出した昌平高(埼玉1)などが出場する。

 また、U-20日本代表候補FW安藤瑞季擁する長崎総合科学大附高(長崎)、U-18日本代表FW高橋大悟が牽引する神村学園高(鹿児島)、湘南内定のFW新井光が中心の市立長野高(長野)、千葉内定MF本田功輝が所属する四国学院大香川西高(香川、本田は怪我のために本大会欠場)などの注目校も出場権を獲得している。

 初出場校は本格強化2年目の近江高(滋賀)や東海大相模高(神奈川1)、日本文理高(新潟)、名経大高蔵高(愛知2)、市立尼崎高(兵庫)の5校。最多出場は秋田商高(秋田)の33回で開催地の宮城からは仙台育英高と東北学院高が出場する。

 大会は7月28日に開会式、29日に1回戦が行われ、決勝は8月4日にユアテックスタジアム仙台で開催される。組み合わせは7月1日に決まる予定となっている。

 以下、出場校一覧

【北海道・東北】
北海道1:北海道大谷室蘭高(4年ぶり29回目)
北海道2:旭川実高(2年ぶり5回目)
青森:青森山田高(18年連続21回目)
岩手:遠野高(4年ぶり20回目)
宮城1:仙台育英高(2年連続18回目)
宮城2:東北学院高(17年ぶり10回目)
秋田:秋田商高(3年連続33回目)
山形:山形中央高(2年連続11回目)
福島:尚志高(8年連続10回目)

【関東】
茨城:鹿島学園高(2年連続7回目)
栃木:真岡高(5年ぶり10回目)
群馬:前橋育英高(3年ぶり14回目)
埼玉1:昌平高(2年連続2回目)
埼玉2:浦和西高(30年ぶり2回目)
千葉1:流通経済大柏高(3年連続14回目)
千葉2:市立船橋高(5年連続27回目)
東京1:関東一高(3年連続4回目)
東京2:実践学園高(5年ぶり3回目)
神奈川1:東海大相模高(初出場)
神奈川2:日大藤沢高(2年ぶり8回目)
山梨:帝京三高(2年ぶり10回目)

【東海・北信越】
新潟:日本文理高(初出場)
長野:市立長野高(2年連続2回目)
富山:富山一高(4年ぶり26回目)
石川:星稜高(6年連続26回目)
福井:丸岡高(4年ぶり30回目)
静岡:静岡学園高(2年連続6回目)
愛知1:中京大中京高(5年連続20回目)
愛知2:名経大高蔵高(初出場)
岐阜:帝京大可児高(2年連続5回目)
三重:三重高(2年連続4回目)

【関西】
滋賀:近江高(初出場)
京都:京都橘高(2年連続4回目)
大阪1:東海大仰星高(12年ぶり3回目)
大阪2:阪南大高(4年ぶり2回目)
兵庫:市立尼崎高(初出場)
奈良:一条高(2年連続7回目)
和歌山:初芝橋本高(3年ぶり14回目)

【中国・四国】
鳥取:米子北高(10年連続13回目)
島根:立正大淞南高(10年連続12回目)
岡山:岡山学芸館高(3年連続4回目)
広島:広島観音高(10年ぶり3回目)
山口:高川学園高(3年ぶり21回目)
香川:四国学院大香川西高(2年連続10回目)
徳島:徳島市立高(4年連続16回目)
愛媛:済美高(10年ぶり4回目)
高知:明徳義塾高(2年ぶり9回目)

【九州】
福岡:東福岡高(6年連続15回目)
佐賀:佐賀東高(2年連続13回目)
長崎:長崎総合科学大附高(2年連続3回目)
熊本:東海大熊本星翔高(39年ぶり2回目)
大分:柳ヶ浦高(3年ぶり2回目)
宮崎:日章学園高(2年連続13回目)
鹿児島:神村学園高(6年ぶり4回目)
沖縄:那覇西高(2年連続15回目)

最終更新:6/25(日) 15:41
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合