ここから本文です

エミール・クストリッツァ&ノー・スモーキング・オーケストラ、一夜限定のスペシャル・ライヴ決定

6/26(月) 17:32配信

CDジャーナル

 『アンダーワールド』『黒猫・白猫』などで知られる鬼才映画監督、エミール・クストリッツァの新作映画「オン・ザ・ミルキー・ロード」が9月より公開されるのを記念して、エミール・クストリッツァ&ノー・スモーキング・オーケストラが来日公演を開催。9月2日(土)東京・お台場 Zepp Tokyoにて一夜限定のスペシャル・ライヴを行います。

 映画「オン・ザ・ミルキー・ロード」はクストリッツァ監督にとって9年ぶりとなる新作。ヒロインに『007 スペクター』でボンド・ガールに抜擢されたモニカ・ベルッチを迎え、終わりなき戦争を行う国を舞台に、ミルク運びの男を描いた作品です。音楽はノー・スモーキング・オーケストラの一員で、監督の実子でもあるストリボル・クストリッツァが担当。

 クストリッツァ率いるノー・スモーキング・オーケストラは、バルカン諸国を発祥とするジプシーミュージックに、ジャズ、ラテン、スカ、ハードロックなど多様なジャンルをミックスした独自のサウンド“ウンザ・ウンザ・ミュージック”で知られるバンド。2008年に開催された初来日ライヴは熱狂のパフォーマンスと会場の熱気でいまや“伝説”となっています。公演チケットは7月1日(土)より各プレイガイドで発売されます。

最終更新:6/26(月) 17:32
CDジャーナル