ここから本文です

立山山麓トレイルランに600人

6/26(月) 9:05配信

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 第11回立山山麓トレイルランが25日、富山市大山地域の立山山麓スキー場周辺で行われた。約600人が小雨の中、雄大な景色を楽しみながら起伏に富んだ難コースを走り抜けた。大山観光開発主催、北日本新聞社共催。

 トレイルランは最小限の装備を担いで山野を走る競技。大山農山村交流センターを発着点にロング(20キロ)に225人、ショート(5キロ)に116人、ミドル(14キロ)に253人が参加し、コースごとに瀬戸蔵山や大品山、極楽坂山、二つのスキー場エリアなどを駆け巡った。

 高低差のある中・上級者向けのコースで、周辺の滝やブナ林などの眺めが魅力。参加者は前夜からの雨でぬかるんだコースを慎重な足運びで上り下りしながら、霧に包まれた幻想的な森林の中での走行を満喫した。最年少の黒部市石田小1年の中野紗也奈ちゃん(6)と静岡県から参加した最年長の陶山泰信さん(76)は、いずれもショートを完走した。

 ゲストランナーの野尻あずささん(富山市、笑顔スポーツ学園)がミドルに出場。コースを監修したトレイルランナーの小出徹さん(同、サロモンアスリート)がコースの難所や安全上の注意点、補給ポイントなどを説明し、日本スカイランニング協会の表彰も行った。2日間で13団体・事業所の延べ180人がボランティアで運営に携わった。

◆成績◆
 ◇ロング▽一般男子(1)山下陽暉(2)島田正叡(3)開上知弘▽同女子(1)老田美晴(2)酒井結衣(3)黒田藍子◇ミドル▽一般男子(1)細川桂吾(2)佐伯涼平(3)道下新太▽同女子(1)道下恵(2)高橋実世(3)山岸陽子▽中学男子(1)宮本耕太▽同女子(1)山本乃愛▽小学男子(1)丸山遥士(2)幅翔太郎▽同女子(1)古田透野(2)高岸慎◇ショート▽一般男子(1)若松俊介(2)金山聡志(3)吉田淳▽同女子(1)宮木真帆(2)薮上恵(3)江野本樹里▽中学男子(1)藤井英哲(2)山崎裕貴▽同女子(1)石元楓(2)本田ひとみ▽小学男子(1)藤井雄慎(2)大坪朔空(3)森腰玄士▽同女子(1)上野香晴(2)石附志野美(3)松本咲智