ここから本文です

イチロー メジャー中堅最年長先発「43歳246日」

6/26(月) 11:20配信

東スポWeb

【フロリダ州マイアミ発】マーリンズのイチロー外野手(43)は25日(日本時間26日)、カブス戦に1番・中堅で先発し、4打数無安打。チームは4―2で勝った。米大リーグ公式サイトなどは、この日で43歳246日のイチローが「中堅手として先発出場する大リーグ史上最年長記録を更新した」と報じた。これまでの最年長記録は43歳211日。2002年7月24日にレッドソックスのリッキー・ヘンダーソン外野手が記録した。

 イチロー第1打席、遊ゴロ失策で出塁。3番ボワの四球で二進すると4番オズナの中前打で先制のホームを踏んだ。2打席目以降は投ゴロ、遊ゴロ、一ゴロで4打数無安打に終わった。

 一方、カブスの上原浩治投手(42)は8回表の攻撃中、ブルペンで肩をつくり始めたがマウンドに上がることなく、試合終了。チームはマーリンズ4連戦を2勝2敗で終え、38勝37敗。開幕から勝率5割を行ったり来たりが続いている。上原は「この(ナ・リーグ中)地区はだんご状態やし、まだそういう(プレーオフを意識するような)時期やない。チームとしても我慢するってことで」と語った。

最終更新:6/26(月) 11:20
東スポWeb

スポーツナビ 野球情報