ここから本文です

遠隔地で医療研修を受講できるソリューションを提供開始

6/26(月) 15:10配信

MONOist

 日立産業制御ソリューションズは2017年5月22日、医療研修環境がない遠隔地でも、医療研修を受講できる環境を構築する「医療研修基盤提供ソリューション」の提供を開始した。本体ソリューション料は月額22万円から、初期導入費は個別見積もりとなる。2018年度に3億円の販売を目指す。

 同ソリューションは、医療研修センター内に設置した複数台のカメラ、生体情報モニター、プロジェクター、電子黒板などの機器を統合管理。SaaS型医療研修基盤クラウドとして日本マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」上に構築した各種機能(実習映像、ライブ配信、ビデオ会議など)と連携させる。これにより、研修センターで実施される医療研修を、遠隔地に居ながら意見交換できるアクティブラーニング形式で受講可能な環境を構築する。

 クラウドを活用することで、受講者は時間や場所の制約を受けることなく、患者急変対応などの臨床実習の研修を遠隔地から受講できる。また、研修センターで受講した内容を記録映像としてクラウド上にアップしておけば、受講者が遠隔地の職場に戻った後、その実習映像を閲覧し、自身の振り返りや職場での知識共有に活用できる。

 近年、地域による医療従事者の臨床技術格差が広がっており、均一な医療学習や臨床技術のトレーニングができる環境の整備が求められている。加えて、医療機関のJCI(国際医療機能評価機関)認証取得や医療教育機関のグローバルスタンダード化などを背景に、臨床技術トレーニングの重要性に注目が集まっている。

最終更新:6/26(月) 15:10
MONOist