ここから本文です

<忽那汐里>ミニワンピを品良くレトロに ネクタイ風のスカーフがアクセント

6/26(月) 15:48配信

毎日キレイ

 女優の忽那汐里さんが26日、NHK名古屋放送局(名古屋市東区)で行われた8月放送のスペシャルドラマ「1942年のプレイボール」の会見に、役衣装姿で出席した。同作は、昭和初期の日本が舞台で、忽那さんはミニワンピースに、編み込んだ髪を後ろでまとめた、上品でレトロなファッションだった。

【写真特集】上品なレトロファッションを披露 全身カットも

 ワンピースは、淡い黄色でシャツ風の襟と細いベルトが付いたデザイン。オレンジやブルーなど鮮やかな色を配したスカーフをネクタイ風に結んでコーディネートのアクセントにしていた。

 ドラマは、大ヒットドラマ「半沢直樹」などを手がけた脚本家、八津弘幸さんのオリジナル作。戦前から戦後にかけて「鉄腕」と呼ばれ、エースで4番の“二刀流”として活躍した実在のプロ野球選手・野口二郎とその四兄弟の姿を描く。忽那さんは、主人公の二郎(太賀さん)の兄・明(勝地涼さん)の婚約者の喜美子を演じる。8月12日午後7時半にNHK総合で全国放送。

最終更新:6/26(月) 16:36
毎日キレイ