ここから本文です

水戸逆転 17年ぶり 5連勝

6/26(月) 1:00配信

茨城新聞クロスアイ

明治安田J2第20節(25日・ケーズデンキスタジアム水戸ほか=11試合)水戸は讃岐に2-1で逆転勝利し、リーグ戦13戦負けなしとした。またJ2に昇格した2000年の9、10月に達成した、5連勝のクラブ記録と並んだ。通算成績は9勝7分け4敗、勝ち点は34で、順位を4位に上げた。

水戸は後半28分に先制点を献上した。しかし5分後、ペナルティーエリア内でパスを受けた湯沢が同点ゴールを決めた。さらに同47分、船谷の右FKが直接入って逆転に成功した。

■成長できると思えた
水戸・西ケ谷監督 チームが(今後さらに)成長できると思えた試合。交代して得点してくれた選手に感謝をしている。リードされた時に(勢いを)落とさずにパワーを持ってやれたのが良かった。

■次の試合も大事に 水戸・船谷
FKを取った時点で(ゴールを)狙おうと決めていた。大きな勝利だが、今後につなげるためには次の試合も大事になる。

▽Ksスタ(観衆3,242人)
水戸 9勝4敗7分け(34) 2-1 讃岐 2勝11敗7分け(13)
0-0
2-1

▽得点経過 水 讃
後28分
【讃】 0-1 仲間
後33分
【水】 1-1 湯沢
後47分
【水】 2-1 船谷



【水戸】4・4・2
GK笠原 細川 浜崎 福井 今瀬 内田 佐藤弘 佐藤祥 外山 林 前田  
【讃岐】4・4・2
GK清水 市村 エブソ 李栄直 高木 渡辺 山本 永田 仲間 馬場 原

11SH10
6CK21
3FK9

▽交代
【水】後30分 白井(今瀬)後30分 湯沢(外山)後44分 船谷(佐藤弘)
【讃】後29分 岡村(渡辺)後38分 武田(市村)後38分 西(山本)
▽警告

茨城新聞社