ここから本文です

井上公造リポーター 海老蔵&麻央さんに「夫婦のあり方考えさせられた」

6/26(月) 11:24配信

東スポWeb

「極楽とんぼ」加藤浩次(48)が26日、MCを務める日本テレビ系「スッキリ!!」に出演し、歌舞伎俳優・市川海老蔵(39)と22日に亡くなった小林麻央さん(享年34)について「こういう家族になりたいと思わせる」としみじみ語った。

 番組では海老蔵の会見、麻央さんの密着映像などを公開。加藤は、麻央さんが亡くなった翌日、舞台の合間に会見を行い、25日の千秋楽まで自主公演を務め上げたことを伝えた。

 芸能リポーターの井上公造氏は麻央さんの印象を「いつも笑顔でした」とひと言で表現し「結婚する前から常に笑顔。(闘病発表後に開設した)ブログでも公開されている写真はすべて笑顔」と話した。麻央さんのブログについては「がんを公表された方はたくさんいらっしゃいました。ステージ4であること、転移したこと、全て書いたんですよ。それでも頑張っている麻央さんに本当に励まされたと思う。海老蔵さんもこれから同じような病気で闘う人のために頑張ると決意を述べている。本当にすごい夫婦だと思う」と語った。

 そして「やんちゃだった海老蔵さんは、麻央さんとの結婚ですごく配慮する人になりました」と明かした井上氏は「今回のことで感じたのは(結婚生活の)長さじゃない。短くても深い愛情が感じられた。夫婦のあり方を考えさせられる出来事でした」と締めくくった。

 また、ハリセンボンの近藤春菜(34)は「表に立つ者として、麻央さんも海老蔵さんもなんて律義な方なんだろうと、最後に麻央さんが言われた『愛してる』という言葉が深くて、強くて、尊くて、すてきで、私たちもたくさんの愛を頂いた」と涙ながらに語った。コメンテーターの高橋真麻(35)も「いろいろな方に勇気とか生きる力を与える、それから生きてることの素晴らしさとか、一日一日を大切に生きることの大切さを教えてくれた」と声を絞り出した。

最終更新:6/26(月) 11:24
東スポWeb