ここから本文です

「天声人語 2017年6月26日」

6/26(月) 7:00配信 有料

朝日新聞デジタル

 ひとに衣替えがあるように、京都の家には「建具替え」がある。初夏のこの時期、ふすまや障子を外して、簾(すだれ)を下げたり、葦簀(よしず)を張った葦戸(よしど)を入れたりして風の通りをよくする。畳の上には、素足がひんやりするよう籐(とう)むしろを敷く▼「クーラーの冷たさとはまた違う、気持ちのいい風が来ます」と、中京区に住む小島冨佐江さん(60)は言う。明治や大正から続く「町家(まちや)」と呼ばれる家屋には、京都の暑さをしのぐ工夫がある▼京都の町家を保存しようと、小島さんたちが「京町家再生研究会」を立ち上げて25年。……本文:1,188文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社