ここから本文です

ユ・ソヨンが今季2勝目で世界ランク1位に 宮里藍は米ツアー復帰戦66位

6/26(月) 8:45配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇米国女子◇ウォルマート NW アーカンソー選手権 by P&G 最終日(25日)◇ピナクルCC(アーカンソー州)◇6331yd(パー71)

【写真】宮里藍&有村智恵 笑顔で2ショット

後続に5打差をつけて16アンダーの単独首位からスタートしたユ・ソヨン(韓国)が「69」で回り、通算18アンダーとして逃げ切りに成功。4月のメジャー初戦「ANAインスピレーション」以来となる今季2勝目をマークした。複数回優勝を達成した選手は今シーズン初めて。

ユは3週前の「ショップライトLPGA」で、ツアーで3年ぶりに決勝ラウンド進出を逃し、現役最長だった予選通過記録がストップ。2週間のオフの間、男子メジャー2勝のイアン・ベーカーフィンチからショートゲームの指導を受けた。2日目に大会記録、自己ベストタイの「61」をマーク。大量リードを活かして、大会最多アンダーパー記録も樹立した。

3位だった世界ランキングはキャリアで初めて1位に浮上。「朴仁妃、アリヤ・ジュタヌガン、宮里藍といった素晴らしい選手たちの仲間入りはうれしい。子どものころからの夢がかなった」と喜んだ。

2打差の通算16アンダー2位にエイミー・ヤン(韓国)とモリヤ・ジュタヌガン(タイ)。2位から最終組で逆転を狙ったステーシー・ルイスは、ミッシェル・ウィと並び13アンダー4位タイに終わった。

日本勢は4アンダー30位タイで最終日を迎えた上原彩子が「68」で通算7アンダー31位タイ。野村敏京は「69」とし、通算6アンダー35位タイでフィニッシュした。

今季限りでの引退を表明してから初めて米ツアーを戦った宮里藍は1アンダー63位タイから出て5バーディ、2ボギー、1ダブルボギーの「70」で通算2アンダー66位タイだった。