ここから本文です

凱旋門賞断念のキタサンブラック、清水師「脚元も問題ない。元気でいてくれてよかった」

6/26(月) 11:12配信

netkeiba.com

 26日朝、宝塚記念で圧倒的な1番人気に支持されながらも9着に惨敗したキタサンブラックは自厩舎で過ごしていた。脚元も含めて、特に問題のあるような様子も見受けられず、元気な様子。時折、自ら前脚を伸ばしてストレッチする仕草も見受けられた。

【写真】キタサンブラックこれまでの軌跡

 担当する辻田厩務員も愛馬の元気な様子に安心しているようだ。

「阪神競馬場からの馬運車の中では下あごを突き出すように疲れた仕草を見せていましたが、それでもトレセンの自分の馬房に戻ってカイバをつけたら、すぐに平らげましたよ。今朝も食欲旺盛で元気です」

 管理する清水久詞師も「脚元も特に問題ないし、元気でいてくれてよかった」と、ホッとしていた。

 この秋の予定については「レース後に北島三郎オーナーから『ご苦労様、よろしく頼むね』と声を掛けられました。(この秋のローテーション等の)具体的なことはこれから話します」

 としながらも、オーナーがレース後に発表した意向を尊重すると思われる。

 そして淡々と、時に悔しそうな表情を浮かべながら改めて宝塚記念を振り返った。

「いい状態で送り出したんですけどね。テンの行きっぷりが良くなかったですね。あのペースならポンともうちょっと前に行けたと思うんですが。控えたわけではないのに、馬にいつもの勢いがなかったですね。

 (道中かかっていたことについては)確かに掛かってはいましたが、だからこの着順というほどの掛かりではないので…」

 今後は数日間、厩舎で様子を見たあと放牧に出る予定。放牧先については「戻ってきたときに栗東が暑いことも考えて、検討中」とのことだ。

(取材・写真:花岡 貴子)

最終更新:6/26(月) 12:33
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ