ここから本文です

グーグル、Gメールの分析を年内に中止

6/26(月) 6:39配信

ロイター

[23日 ロイター] - 米アルファベット傘下のグーグル<GOOGL.O>は23日、無料電子メールサービス「Gメール」について、個人別の広告設定のために行っているメール内容の分析を年内に終了することを明らかにした。

法人向けのサービス「Gスイート」と対応を統一する。

メール内容の分析に対しては、プライバシーの保護に反するとの批判が出ていた。

Gスイートは、過去1年で法人ユーザーが増えており、300万社以上が有料で利用しているという。

Gメールの利用者は全世界で12億人以上。

最終更新:7/17(月) 2:20
ロイター