ここから本文です

公明党東京本部・高木代表が会見(全文2完)都議選、国政には影響を与えない

6/26(月) 17:46配信 有料

THE PAGE

選挙後、荒川・足立・北区での激戦が自民党との関係に影響するのではという見方について

司会:Thank you, Mr. Takagi.(英語)ですけれども、いなければどなたでもご質問ができるという形になっております。(英語)。まず、お名前と所属のほうをお願いします。

共同通信:共同通信の〓フクダ 00:25:23〓です。都議選についてなんですけれども、自民党と荒川や足立、北区で激しく競り合っていますが、先ほども要は国政と都政は直結しているという話も出ましたけれども、選挙後に自民党との関係にこの激戦が何か影響するのではないかという見方もありますが、これについてはどうでしょうか。

高木:結論から申し上げますと、国政には影響を与えません。まず、東京都議選の場合には中選挙区制といって、複数当選者が出るという選挙制度を作っています。これまでも過去、都議選におきまして最後の1議席を自民党の候補者と公明党の候補者が争う場面は何度もありました。

※一部、判別できない箇所がございますことをご了承ください。本文:10,725文字 この記事の続きをお読みいただくには、THE PAGE プラスの購入が必要です。

  • 通常価格:
    648円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    540円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:7/1(土) 6:08
THE PAGE