ここから本文です

サニブラウン、14年ぶり2冠!自己新20秒32で200Mも世陸内定

6/26(月) 6:05配信

スポーツ報知

◆ロンドン世界陸上選考会 陸上日本選手権最終日(25日、大阪・ヤンマースタジアム長居)

 男子200メートル決勝で、15年世界ユース2冠のサニブラウン・ハキーム(18)=東京陸協=が自己新の20秒32(追い風0・3メートル)で優勝し、17年ロンドン世界陸上代表に内定。10秒05で制した100メートル(24日)とあわせ、03年大会の末続慎吾以来、14年ぶりの短距離2冠を達成した。既に参加標準を突破済みで3位となった飯塚翔太(26)=ミズノ=も、代表入りが有力となった。各種目の代表は、26日に正式発表される。

 2冠のゴールに飛び込んだサニブラウンは、苦しげに天を仰いだ。出し切っていた。「疲労もたまっていたけど、3番以内で満足するのはちょっと違う」。表彰台で世陸代表が有力となるが、小さくまとまる選手ではない。底力を振り絞り、勝ち切った。3日間で5レース。誰にも負けなかった。「ハイレベルになるほど楽しい。速く走るのは気持ちいいなと。終わって、ラーメン食べに行くかなと考えたりしている」。戦い抜いた充実感から、ポロリと18歳の本音が出た。

 衝撃の100メートルから一夜。本職でも、スケールが違った。一気に飛び出し、コーナーを先頭で抜けた。あとはリオ五輪代表の藤光と飯塚を従え、直線を粘りきるだけだった。「今まではノソノソと出てスピードに乗れなかったけど、最初の100メートルでスピードを出せるのが成長できたところ」とサニブラウン。15年北京世界陸上でともに200メートル代表だった2位の藤光も「以前より前半を楽に走っている感じがした」と証言した。

 日本記録(20秒03)保持者の末続が03年大会に達成(当時22歳)して以来の2冠で、平成以降最年少。それ以上に15年7月の世界ユース選手権(コロンビア)以来、約2年ぶりに自己記録を0秒02縮めた意義も大きい。昨年6月の左太もも肉離れで、目前に迫ったリオ五輪という目標を突然奪われた。スタンドで見守った母・明子さんは「自己ベストが一番うれしい。本当は昨年やりたかったことが、やっとできている。これで昨年の辛さを乗り越えられたと思う」と心中を推し量った。

 2大会連続出場のロンドン世陸では、短距離2種目で代表入りが内定。日本陸連の伊東浩司・強化委員長(47)も「向いているのは200メートル。でも、あの100メートルを見せられると、100もやりたくなるでしょう。今後も持っているスピードを生かしてもらいたい」と背中を押した。200メートル世界記録(19秒19)保持者のウサイン・ボルト(ジャマイカ)こそ100メートルに専念するため対決できないが、19秒台のランナーたちが集う最高峰の舞台へ、満を持して勝ちに行く。「日本一はうれしいけど、この先があるからこれで満足はしない。100と200の感覚をかみ合わせられれば、もっとよくなる。両方とも、あわよくば決勝に行けたら良い」。この男、まだまだ伸びる。(細野 友司)

最終更新:6/26(月) 10:29
スポーツ報知