ここから本文です

円頓寺商店街でビアガーデン 店舗軒先にテーブル席設置 /愛知

6/26(月) 10:50配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 円頓寺商店街(名古屋市西区那古野)で7月1日、商店街の飲食店が参加する「円頓寺ビアガーデン」が開催される。(名駅経済新聞)

 当日は、商店街の軒先にテーブル席を設置。屋外で飲食が楽しめるほか、一部参加店では店内へのテークアウトメニュー持ち込みに対応し、複数の飲食店の料理を集めて楽しむこともできる。

 参加店は、イタリアンバール「アランチャ」、すし店「よしの寿司」、そばと日本酒の店「路麺えんそば」、日本ワインとみそおでんの店「凡才」(以上、テークアウトのみ)、喫茶&レストラン「西アサヒ」、ワインバー「カンティーナ・ド・マッソ」、沖縄料理店「サキアテ ジョーグー」、スペイン料理「バル ドュフィ」、鉄板焼き「日喜屋」の9店舗。現金とイベント用の金券を使うことができる。

 「エビのガーリック唐揚げ」「不思議なニンジンと生ハムサラダ」(以上、500円)=アランチャ、「わさびいなり」(2個300円)=よしの寿司、「タマゴサンド」「鯖サンド」(以上、750円)、「となりの丸子のコロッケ」(450円)=西アサヒ、「カモネギの串揚げ」(400円)、「ドマッソバーガー」(600円)、「イタリア産ワイン」(500円)=カンティーナ・ド・マッソ、「軟骨ソーキの塩コショウ焼き」「ゴーヤチャンプルー」(以上、500円)、「オリオン生ビール」(400円)=サキアテ ジョーグー、「砂肝のコンフィ」(400円)、「魚介のパエリア」(500円)=バル ドュフィ、「和牛ホルモンみそ」(500円)、「ホルモン塩焼き」(300円)=日喜屋、「鴨つくね串」(150円)、「日本酒」(490円~)=路麺えんそば、「みそおでん盛り合わせ」「日本ワイン」(以上、500円)=凡才など。

 開催時間は18時~22時。2,400円分の金券を、前売り2,000円、当日2,200円で販売する。金券は西アサヒ、バル ドュフィほかで販売している。

みんなの経済新聞ネットワーク