ここから本文です

元バイエルンFWオリッチ、現役引退報道を否定「良いオファーがあれば続ける」

6/26(月) 13:10配信

GOAL

バイエルン・ミュンヘンなどでプレーした元クロアチア代表FWイビツァ・オリッチが、現役引退を否定している。『Sportske novosti』が報じた。

1860ミュンヘンに所属するオリッチは23日、ドイツ紙『ビルト』で現役引退を決めたことを明かしていた。しかし、報道は事実ではないとし、新しいクラブを探すことも視野に入れていると語っている。

「ビルトの報道は事実ではない。最後の試合をもう終えたかもしれないし、そうじゃないかもしれない。同じことは昨夏にも起きた。良いオファーがあれば、続けることになるだろう。僕はケガをしているわけじゃないし、まだプレーできる」

オリッチはクロアチア代表として100試合以上にプレーし、バイエルンでは2冠とチャンピオンズリーグ準優勝を経験。ドイツで大きな成功を収めてきた37歳のクロアチア人ストライカーのキャリアはまだ続くのだろうか。今夏の動向に注目が集まる。

GOAL

最終更新:6/26(月) 13:10
GOAL