ここから本文です

「C・ロナウドはマドリーを去るべきではない」レアルOBサルガドが後輩を擁護

6/26(月) 13:52配信

GOAL

かつてレアル・マドリーでプレーした元スペイン代表DFミチェル・サルガドが、退団のうわさが浮上しているクリスティアーノ・ロナウドについて『マルカ』の取材で言及している。

「レアル・マドリーの選手たちは、彼が去ることを望んでいないと思うよ。それに、彼にとっても移籍は良い判断になるとは思えない。なぜなら、マドリー以上のクラブを見つけることなんて無理なんだから」

1975年生まれのサルガドはセルタで評価を高め、1999年にレアル・マドリーに加入し、それ以降退団する2009年まで10年ほど在籍。2012年にブラックバーンで現役引退を表明している。2009年入団のC・ロナウドと入れ替わる形でマドリーを去ったサルガドだが、古巣R・マドリーにとって、C・ロナウドは欠かせない選手だという自身の見解を示している。

C・ロナウドはスペインで1470万ユーロ(約17億6000万円)に及ぶ脱税疑惑により、今夏のスペイン国外クラブへの移籍話が浮上していた。

GOAL

最終更新:6/26(月) 13:52
GOAL