ここから本文です

ドンナルンマ、ミラン愛を強調で契約延長へ? インスタ削除で深まる「謎」

6/26(月) 12:03配信

ISM

 ミラン(イタリア)との契約延長交渉が注目されているGKジャンルイージ・ドンナルンマが現地時間25日(以下現地時間)、インスタグラムのアカウントを削除。去就が騒がれる同選手のSNSをめぐって謎が深まっている。伊『football-italia』が報じた。

 ドンナルンマがミノ・ライオラ代理人と決別するとの報道が浮上した25日、選手はツイッターの公式アカウントで自身とライオラ氏のハッシュタグをつけ、「昨日、今日、そして明日!」とツイート。代理人への信頼を強調するかのようなコメントを発した。

 このツイートは大きな騒動を生んだが、ドンナルンマはその後、インスタグラムのアカウントでツイートを謝罪。「ミランとミランファンへの絶対の愛」を強調し、U-21欧州選手権終了後に「契約延長について話し合うために家族や代理人とクラブに会う」と明かしている。

 これでドンナルンマがミランとの契約延長に扉を開けたとみられたが、その約1時間後、ドンナルンマは再びツイッターで「アカウントがハッキングされた。SNSを閉鎖する」とコメント。また、ライオラ氏も自身のツイッターで「ドンナルンマ対ヘイターズ(憎む人たち)は1対0。次はなんだ?」とのコメントを残した。

 実際、ドンナルンマのインスタグラムのアカウントはすでに見ることが不可能となっている。一方で、ツイッターのアカウントと投稿は残されたまま。そのため、真実はどこにあるのか、何がドンナルンマの本音なのか、現地メディアは「謎」と報じている。

 『スカイ・スポーツ』や『テレロンバルディア』などの報道として『football-italia』が伝えたところによると、削除されたインスタグラムでの投稿について、ミランは本人のものと考えているとのこと。

最終更新:6/26(月) 12:03
ISM