ここから本文です

サニブラウン、スピード生かし見えた200メートル19秒台…青戸慎司の目

6/26(月) 10:04配信

スポーツ報知

◆ロンドン世界陸上選考会 陸上日本選手権最終日(25日、大阪・ヤンマースタジアム長居)

 男子200メートル決勝で、15年世界ユース2冠のサニブラウン・ハキーム(18)=東京陸協=が自己新の20秒32(追い風0・3メートル)で優勝し、17年ロンドン世界陸上代表に内定。10秒05で制した100メートル(24日)とあわせ、03年大会の末続慎吾以来、14年ぶりの短距離2冠を達成した。既に参加標準を突破済みで3位となった飯塚翔太(26)=ミズノ=も、代表入りが有力となった。各種目の代表は、26日に正式発表される。

 サニブラウン君は、コーナーで洗練された良い走りを見せてくれた。200メートルでは、前半のスピードを後半にかけて、いかに落とさないかが大事。当然、前半の加速でいかにトップスピードに乗って直線に出られるかが問われる。曲線部の動きに無駄があるほど、後半のダメージにつながるわけだ。疲れも見受けられたが、よくまとめた。

 今大会は100メートルで10秒0台を3本そろえたが、100のスピードが上がれば当然200に生きる。9秒台と合わせて期待される200メートルの19秒台も、チャンスは十分出てくるだろう。100メートルと200メートルの両方に出場する世界陸上。成功も失敗もあると思うが、次に反省して生かせばいい。(男子100メートル元日本記録保持者、中京大監督)

 ◆日本選手権男子100メートル、200メートル2冠

 サニブラウンで16人目、通算18回目の達成となった。03年の末続慎吾(東海大)以来、14年ぶり。47年と49年に生駒一太(門鉄)が、77年と79年に豊田敏夫(新日鉄八幡)が、ともに2度達成している。

最終更新:6/26(月) 10:04
スポーツ報知