ここから本文です

タイムズカーレンタル「前夜サービスタイム」ができたわけ

6/26(月) 11:45配信

レスポンス

飛行機や鉄道で長距離を旅行をして、目的地ではアシにレンタカーを借りるということは珍しくない。夕方目的地に到着し、実際に行動する翌日のレンタカーを予約する例もある。

[関連写真]

そんなとき、到着した日も食事したり、ちょっと足を延ばしたいので、レンタカーが使えたらいいのに、と思うことはないだろうか。レンタカーは1日契約なので、わずかの時間でも前日は使えないのだ。

タイムズカーレンタルでは、会員プログラム「タイムズクラブ」のプレミアム会員向けに、前夜サービスタイムとして、予約した前日17時から追加料金なしで利用できるサービスを提供している。

タイムズクラブは、全国で展開しているコインパーキングのタイムズ駐車場で利用でポイントがたまるほか、カーシェアリングや提携サービスの利用でポイントがたまるなどの優待が受けられる会員プログラムだ。

「前夜サービスタイム」を熊本に出張した際に利用した。熊本空港から熊本市内までは少し距離がある。また、せっかく熊本を訪れたのだからと、挨拶に寄りたい人のもとを訪れることもできた。

このサービスについて、タイムズモビリティネットワークスの担当者は「まず、1人でも多くの方に、会員になってほしいという願いはあります。そのうえで、この前夜サービスタイムの提供は、お客様の使い勝手を考えて、コストかけずに用意できたサービスです」と話す。

「実は、お客様が出かけた先で、営業所が開いていない早朝に出発したい、という要望もありました。しかし営業時間を拡大することは難しい。そこで、タイムズクラブをふだんから多く利用しているプレミアム会員を対象として、前日から車を貸出して、早朝の出発にも備えて頂こう、と用意したサービスです」。到着時間や、旅程を考えながら活用すれば、レンタカー代が節約できる可能性もある。

プレミアム会員には、期間内に対象サービスを1万5000円以上利用するか、カーシェアリングの「タイムズカープラス」または「マンスリータイムズ(月極駐車場)」を契約していると会員になれる。

《レスポンス 中込健太郎》

最終更新:6/26(月) 11:45
レスポンス