ここから本文です

清水翔太 「ライブで自由に翼を広げる自分が僕のすべて」――アルバム『FLY』発表/インタビュー1

6/26(月) 22:15配信

エキサイトミュージック

 
■清水翔太/New Album『FLY』インタビュー(1/4)

キャリアの大きな分岐点となったアルバム『PROUD』から1年、清水翔太がニューアルバム『FLY』を完成させた。ラップを多用し、ラッパーをゲストに迎え、それまでにもチラチラとアプローチしていたヒップホップ/R&Bサウンドに思いきってグッと舵を切った『PROUD』には、どこか緊迫した空気や思い詰めたような重苦しい雰囲気があったが、本作『FLY』にそれはない。むしろ『PROUD』を経たことで自分を解放できた歓びや逞しさに満ち、これからの飛翔を期待させる軽やかささえ感じられる1枚に仕上がった。今年2月でデビュー10年目に突入した清水翔太。彼はどんな思いで『FLY』を作りあげたのか。じっくり語ってもらった。
(取材・文/猪又孝)

【この記事の関連画像をもっと見る】

今回は、素直な自分の言葉を書き連ねていく作品にしたかった

――前作『PROUD』は、周囲からの批判を恐れずに自分が望む作風にチャレンジした作品でした。結果、高評価を得た作品でしたが、今回のアルバムを作るにあたり、そのことがプレッシャーになりませんでしたか?

翔太:プレッシャーでしたね。『PROUD』が自分的に良い作品だったからそれを超えたいっていう気持ちがあって。妥協せず、時間ギリギリまで頑張りたくて、本当はもうちょっと早い時期のリリースを予定していたんですけど、スケジュールを変更してもらって、こだわって作ってたんです。

――今回のアルバム作りで最初に考えていたことは?

翔太:100%中5%とか10%でいいから、キャッチーとかポップスっていう部分を『PROUD』に足した作品作りができれば、と思ってました。その辺のバランスは『PROUD』の時より考えましたね。

――実際、今回は『PROUD』よりリリックの内容がわかりやすいですね。

翔太:だと思います。今回は音よりメッセージを重要視したんです。自分が言うからこそ成立する言葉をどんどん入れていきたかったし、『PROUD』よりもより強いメッセージになるよう意識しました。そこに勝手に音が付いてきた感じ。だから、言いたいことが思いつかなかったら、いつまで経っても曲ができなかったんです。

――とはいえ、トラック作りは進めていたんでしょう?

翔太:作ってはいるし、もともとトラック先行で、音からインスパイアされて作るタイプだけど、今回は乗せるメッセージが浮かばなくてボツみたいなこともありました。だから、トラックだけの状態とか、適当な英語のメロディーが入っただけのデモがガンガン溜まっていって、「これ!」っていうのができない状況がずーっと続いてたんです。今年入ってからもそうで、アルバム制作期間の後半、この1ヶ月くらいで一気にバーッと作った感じなんです。

――それってスランプというわけでもないんでしょう?

翔太:そう。クリエイティブな感覚はずっとあるから。とにかく一貫してあったテーマは、今を生きる28歳の素直なメッセージを歌いたいっていうことだったんです。今までは世間のニーズとか、ファンが求めるものとか、人のことばかり考えて作ってきたから。女の子はこれを聞いてどう思うんだろう? 男はどう感じるんだろう? どう共感してもらえるんだろう、感動してもらえるんだろう、カッコいいと思ってもらえるんだろうって、人のことを常に考えてたから。今回は本当に素直な自分の言葉を書き連ねていく作品にしたかったんです。

――その言葉通り、今回の歌詞にはすごく「翔太」が出てますよね。だからか、今回のアルバムには憑き物が落ちたような軽やかさを感じたし、風通しの良さも感じました。メッセージが浮かばなくて煮詰まったという発言があったけど、制作に向かう気持ちは伸び伸びしてたんじゃないかなって。

翔太:うんうん。本当そうでした。曲ができない時間は苦しかったし、「やべ、やんなきゃ」みたいな焦りはずっとあったけど、曲ができあがっていく期間やできた瞬間はすごく楽しかったんです。本当どの曲も楽しかった。

――シングル曲以外で、今回のアルバムのとっかかりになった曲や軸になった曲はどれなんですか?

翔太:最初に作ったのは「Tokyo」です。これはもう1年くらい前かも。サビとギターのアルペジオとドラムだけ打ち込んで放置していて。でも、これができて一気に雰囲気が掴めたかなっていう曲は、1曲目の「Sorry Not Sorry」かな。「Tokyo」と「Because of you」、2カ月前にはこの2曲しかできてなかったんです。

――それはだいぶピンチだね(笑)。

翔太:そう(笑)。もう「マジでわかんない」みたいな。この2曲だと特にわからない感じじゃないですか?

――そうだね。

翔太:で、「Sorry Not Sorry」ができたときに、アッパーで、「これが1曲目じゃん?」みたいに思えて、全体像をつくりやすくなる勢いが出たんです。