ここから本文です

まるで別人!鈴木伸之、壮絶肉体改造でムッキムキ

6/26(月) 18:00配信

シネマトゥデイ

 石田スイの人気漫画を原作に、人を捕食する怪人・喰種(グール)と人間の戦いを描くバトルアクション『東京喰種 トーキョーグール』(7月29日公開)で、人間側の組織・CCG(喰種対策局)捜査官・亜門鋼太朗にふんする鈴木伸之の筋骨隆々の肉体美が公開となった。

【写真】『東京喰種』鈴木伸之の壮絶トレーニング風景

 亜門は、大泉洋演じる上司の真戸呉緒とともに喰種の駆逐に奔走。秀才かつ高い格闘能力を持つエリート捜査官で、正義感が強く「世界を歪めているのは喰種」という考えから喰種を追い詰め、やがて半喰種となった主人公・カネキ(窪田正孝)と対峙する。

 亜門が、捕獲した喰種から摘出した赫包から作られる“クインケ”と呼ばれる武器(普段はアタッシュケースに収納されている)を用いてのアクションが本作の見せ場の一つだが、その訓練の様子や腹筋を鍛えるなど熾烈なトレーニングの過程を収めた劇中写真が公開。すさまじい表情はまるで別人のようで、鈴木の気迫がまざまざと伝わってくる。

 クランクインの1か月ほど前からアクション稽古に臨み、そのトレーニングはいまだかつてないほど過酷だったという鈴木。テレビドラマ「あなたのことはそれほど」で波瑠演じるヒロインと不倫関係に陥る有島光軌にふんし注目を浴びたが、『東京喰種 トーキョーグール』では一転して正義感あふれるヒロイックなキャラクターに。筋骨隆々の肉体を完成させた鈴木の執念が結実したバトルシーンに期待が高まる。(編集部・石井百合子)

最終更新:6/26(月) 18:00
シネマトゥデイ