ここから本文です

岡山に津軽三味線とピアノのレッスンスタジオ 「楽しくなければ音楽じゃない」 /岡山

6/26(月) 11:53配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 岡山駅西口のオルガホールの隣に6月7日、レッスンスタジオ「櫻根座(さくらねざ)」(岡山市北区奉還町1)がオープンした。(岡山経済新聞)

津軽三味線レッスン中の櫻根裕之さん

 同スタジオは、津軽三味線の櫻根裕之さんと妻でピアノの亜桂(あやか)さんがレッスンを行う。

 東京でロックバンドのギターボーカルを務めていた裕之さんは、生身の自分を表現できる方法を探していた時に津軽三味線に出合った。「津軽三味線は伝統的な硬い音楽だと思われがちだが、日本のアイデンティティーを持った、気持ちがロックな音楽。岡山の三味線文化を一緒につくっていける人を募集している」と話す。

 亜桂さんは5歳でピアノを始め、講師として20年近いキャリアを持つ。「笑いの絶えないレッスンをしている。楽しくなければ音楽じゃない」と話す。2003年に裕之さんと出会いバンド活動を共にし、2010年に結婚した。

 営業時間は11時~21時(日曜は10時~)。受講料金は、三味線レッスン=大人7,560円(30分、月3回)ほか、ピアノレッスン=大人1万800円(30分、月4回)ほか。6月末まで体験レッスンを無料で行っている。

みんなの経済新聞ネットワーク